業務案内

1.事務所、司法書士

(1)事務所について

無料相談承っています

土日祝しか事務所に来ることができない方へのサービスもございます

費用を抑えたい方に

司法書士、他士業の評判は気になります

司法書士事務所ブライト

(2)司法書士について

司法書士とは

ゴルフの好きな司法書士

筋トレを継続したい司法書士

2.相続

(1)相続財産

まずは相続財産の把握から

(2)相続人

相続人が誰かの基礎を知りましょう(法定相続人)

相続欠格になると相続することはできません

生前に被相続人から廃除されると相続できません

相続人がいない場合はどのような手続きの流れになるのでしょうか

行方不明の相続人がいる場合はどうなるの?

相続人に認知症の方がいると何か手続きは変わるのか

養子がいる場合の相続(普通養子・特別養子)

(3)相続分

相続分の基本を知りましょう

特別受益があると相続分が減ります

寄与分があると相続分が増えます

相続人でなくても特別寄与で金銭を請求できることも(改正)

(4)遺産分割

遺産分割とは何のためにするのでしょうか

遺産分割するには財産をどう評価するかも重要です

一部だけ分割の話し合いがまとまりそう

遺産分割前に預貯金を下した相続人がいるとき

(5)名義変更の手続き

相続の登記とは何か

相続で期限がある手続きを見逃さないように

名義変更を司法書士に依頼される場合

相続の名義変更で必要な書類

何代も相続登記をしていなかったとき(中間省略登記ができるか)

名義変更の手続きをずっとしなかったら(相続の対抗問題)

先に子どもが亡くなったらどうなる(代襲相続)

3.遺言作成

遺言とは

自筆証書遺言が作りやすくなりました

遺言を法務局に保管できるようになりました

遺言と信託のどちらを使うか

遺留分を無視した遺言は後々問題となり得ます

4.相続税

相続税がかかる場合、かからない場合

不動産がある場合の相続税対策

生前贈与で相続税を減らす

5.相続放棄、限定承認

相続の放棄について

限定承認という選択

6.改正

約40年ぶりの大改正

相続登記が義務化されます

預貯金を単独で下ろせる仮払いの制度

法定相続情報は銀行での手続きに便利です

配偶者居住権で配偶者の老後の生活を保護

7.その他の登記

ローンの借り換えで司法書士はどう絡むか

8.こんなときどうする?

未登記の建物が見つかった

不要な土地を相続したくない

8.司法書士以外の機関、専門家

相続と市役所との関係

公証役場に行くとき

法務局に行くべきかどうか

9.業務範囲の地域

鎌ケ谷市にある事務所です

白井市の方も無料相談を承っています

船橋市は当事務所から近いです

その他千葉地域の皆様に(無料相談)

司法書士事務所で無料相談を利用されるときの流れについての動画です。

電話をかける