会社


1.設立

株式会社はその本店の所在地において登記をすることによって成立します。

会社設立について詳しくはこちらへ

よくある質問

資本金1円でいいと聞いたので安く設立できるのでは?

設立時に出資した金額を資本金と言いまして、少額でもよいことになりました。

ただ、設立の登録免許税は資本金の額に7/1000を掛けた金額となっており、その金額が15万に満たない場合は金15万となっております。

その他、公証人による認証にもそれなりの金額がかかります。

2.役員変更

3.本店移転

遺言と事業承継

 近時、中小企業経営者の高齢化が顕著となり、「事業承継」が重大な社会問題となっています。

 経営者の親族が事業を承継する場合には、法定相続人の法定相続分の問題や、遺言における遺留分の問題が不可避なものとなります。

 現経営者に個人所有の不動産はなく、預金等の財産も十分なものでない場合には、現経営者が、承継者を受取人とする生命保険に加入しておいて、相続発生時には、承継者が自社株を相続する代わりに、その生命保険金を代償金として他の相続人に交付するというやり方をお薦めします。すなわち、生命保険金は相続税の対象にはなりますが、現経営者である被相続人の遺産とはならず、遺留分の対象外となるからです。

関連リンク

参考・引用文献

「相続と遺言と相続税の法律案内」/幻冬舎

司法書士事務所で無料相談を利用されるときの流れについての動画です。

電話をかける